弟子屈町専門ローカルメディア『てしかがじかん』開設

編集長 やまちゃん
スポンサードリンク

編集長からご挨拶

弟子屈町に住んで4年。

ほんとにずっと、ずーっとやりたかったことがついに始まりました!

ローカルwebメディア『てしかがじかん』リリースです!

てしかがじかんロゴ

これまではネイチャーガイドとして、弟子屈町の本当に本当にスケールの大きな自然を舞台に、『星空』『雲海』『霧氷』『トレッキング』『野の花』なんかを中心にガイドしてきました。
そしてその傍ら、情報発信の担当者としても活動してきました。

摩周湖を筆頭に全国的にも有名な観光地として、「観光を基軸としたまちづくりを推進する町」というテーマを持っている町。実を言えば、そもそも「観光」ではなく「まちづくり」の方に想いがあったのです。

観光の現場でお客様と向き合い続け思ったこと

純粋に自然が好きな方が多く訪れるので、美しい景色や見どころをお伝えするのが基本。

でも、本当にお客様が目を輝かせる瞬間は「なぜこの町に住んでいるのか」を話している時が圧倒的に多いんですよ!自分の言葉で、自分が感じてきた魅力を、ありのままお伝えする。それがイイんです。

ひとりの生活者として、移住者として、暮らしていることそのものが魅力であると。

ただそれを伝えたい。

そんな想いからこの「てしかがじかん」は始まるのです。

お届けしたいコンテンツ

「てしかがじかん」では、弟子屈町で暮らす人にとって役に立つ情報、観光で訪れる人にとって役に立つ情報、ネットで検索しても出てこない情報などを中心に、インターネット上で調べようとした時に必要と思われるコンテンツを盛り込んでいきます。

例えば、新しいお店が出来たよ~とか、逆に閉店したよ~とか、こんなイベントもありますよ~とか、町民にとって身近なものから、暮らしのサポートをしている町の政策をひも解いてみたりもします。

大手旅行メディアなどで取り上げられているような絶景写真はinstagramで発信します。
あくまで「観光」ではなく地域の魅力、特に地域が盛り上がっていて楽しいこと、面白いことを発信して、結果的に「観光」から「移住」につながれば最高です。

そして、地域で頑張っている人を応援したい。特に、若い世代が活躍する場、環境づくりをしているところは注目していきたい。だから、若い人に向けた新しい働き方についても取り上げていきます。

最後に…

編集長と名乗っていますが、ひとりで運営しています。限られた時間をいかに使ってやっていくかが課題です。弟子屈町の魅力を発信したい方、一緒にやってくださる方がいれば是非お声がけください!

編集長にはなりましたが、今後も星空を中心にガイドを継続しながらメディアを運営していきます。

当メディアは、地域を盛り上げたい一心でやっています。あくまで主観的な発信になりますので、時には不快な思いや意図しない伝え方をしてしまうこともあるかもしれません。その時は遠慮なくご指摘ください。改善できるものは改善していきます。

できるだけ前向きなコンテンツを提供したいと考えますが、必要な時には問題提起につながるような発信もするでしょう。それが個人運営の利点でもありますし。

今はまだスタート地点。
これからたくさんの人たちと関わっていくことになります。取材にうかがうお店や人、生活のサポートをしている役場担当者、農家さん、様々な取り組みをされている方々・・・。

もし記事を書きたい方、デザインを手伝ってくれる方、写真を撮ってくれる方、被写体になってくれる方(笑)がいらっしゃれば、お気軽に声をかけて下さい。

それでは「てしかがじかん」を楽しんでいってくださいね!

 

てしかがじかん 編集長 山崎 雄哉

スポンサードリンク
スポンサードリンク
編集長 やまちゃん