スキレットでアツアツ!弟子屈町のジンギスカン特集

はなこや_釧路ポークジンギスカン
スポンサードリンク

ジンギスカンどこで食べられますか?

毎晩のように星空ガイドとして観光客とふれあっているといろいろな質問をいただきます。特に最近若い人から頂く機会が意外と多いなと感じたのがこのフレーズ。

特にジンギスカンでPRしている町でもないですが、やっぱり北海道=ジンギスカンはテッパンなんでしょう。弟子屈町内でもジンギスカンを出しているお店がありますが、今回はスキレットで提供しているお店を紹介します。

スキレットとは?
鉄製の鋳物のフライパン。厚みがあって蓄熱性が高く、温度がゆっくり伝わるためおいしく調理可能。蓋を使って鍋としても利用可能な魔法のフライパン。鉄の特性を活かすためテフロン加工はされておらず、シーズニング(サビ防止のため油をなじませる処理)などお手入れに手間がかかかるのがやや面倒。

スキレットでジンギスカン定食|JR摩周駅前のぽっぽ亭

ぽっぽ亭ジンギスカン

ラーメン特集白つつじ祭り特集でもご紹介したJR摩周駅前のぽっぽ亭さん。海外のお客様にも人気のお店。

名物「摩周の豚丼」を中心に、カフェスタイルの定食やラーメンが人気メニューとなっており、そのなかにジンギスカン定食があります。

スキレットを使用しているのでアツアツ!ジンギスカン特有の濃いめのタレでご飯がとまらない!

お店情報

店名:お食事処 ぽっぽ亭
住所:北海道川上郡弟子屈町朝日1-7-18
電話:015-482-2412
営業時間:10:00~20:00
定休日:不定休
URL:http://poppotei.wixsite.com/home
MAP:てしかがじかんMAPをご覧ください。

スキレットで自分で焼くスタイル|はなこや(屈斜路湖すぐそば)

はなこや_ジンギスカン

こちらも何度か登場している屈斜路湖から流れ出す釧路川源流の近くにある「はなこや」さん。ご飯のおかわりメニューがあって(メニューに寄ります)お腹いっぱいになること間違いなしのお店。

こちらでは釧路ポークを使用したジンギスカンをスキレットで自分で焼いていただきます。ジンギスカンは匂いが強いので、お店で誰かが食べていたらかなりそそられます。

はなこや_釧路ポークジンギスカン

お店情報

店名:はなこや
住所:北海道川上郡弟子屈町屈斜路原野201
電話:015-484-2223
営業時間:10:30~17:00
定休日:不定休
URL:なし
MAP:てしかがじかんMAPをご覧ください。

最後に|ジンギスカンを提供しているお店

この他にも、網で焼く焼き肉スタイルの900草原牧場系鉄板焼きスタイルの渡辺体験牧場などの観光施設のほか、焼き肉屋さんで弟子屈町市街の居酒屋街にある石火木金さんがあります。

暑い日は外に出てバーベキューもいいですよね。北海道の人はバーベキュー好きと言われますが、夏が短い北海道では今が本番ですね。庭にバーベキュースペースを持ってるお宅もあるくらい。

ジンギスカンはジンギスカン鍋(通称ジン鍋)でやるのが一般的。真ん中がもりあがっていて油が鍋の周りに落ちる仕組み。網でやると炭がファイヤーしてしまいますからね。

これは人によるかもしれませんが、ジンギスカンの肉はクセの強いマトン派が意外といるってこと。昔はマトンだけだったので、今のようにラムを使うこと自体なかったみたいですね。タレはベル食品の通称赤缶。最近はビンのものもありますが缶入りにこだわりがあります。

さて、そろそろ夏野菜も出来てきている頃なので、バーベキュー具材の仕入れ先も取り上げていきましょうかね。

それではまた!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
はなこや_釧路ポークジンギスカン