弟子屈町で桜を見るならココ|サクラ見どころMAP

合格の木(カルビーの木)
スポンサードリンク

川湯温泉で桜が開花 町内各地から桜の便り

こんにちは!やまちゃんです。

弟子屈町内に桜前線がようやく到着です。あっちで咲いたこっちで咲いたと話題に上がるようになってきました。

川湯桜開花

川湯温泉には基準となる木がないのですが、川湯神社の境内の桜が開花しています。

これから1週間くらい、週末にかけてが見ごろ。桜はあっという間です。特に北海道のエゾヤマザクラは開花と同時に葉が出てくるため満開の直前がいいですね。気温次第ですが週の後半ごろが良さそう。

せっかくのなので町内の桜の見どころをピックアップしていきます!

弟子屈町さくらMAP

川湯温泉近く 牧草地の孤木|藻琴峠ルート沿い(道道102号)

川湯温泉近くの一本木

国道391号から藻琴山に向かって走る道道102号(網走・川湯線)に入って1km~2km位のところにある孤木。牧草地の真ん中に存在感のある桜です。

注意
私有地ですので中に入ることはできません。また、道沿いから見るときには駐車位置にご注意ください。

この木は弟子屈町の銘木に指定されている木でもあります。

合格の木 弟子屈町の銘木4号|弟子屈町奥春別

合格の木(カルビーの木)

通称「合格の木」と呼ばれる一本木。広い牧草地と後ろの山並みが美しい桜です。合格の木の由来は、

この桜は、2008年暮れからカルビー株式会社が実施している受験生応援企画「咲かせよう合格の木」の合格の木に選ばれました。 弟子屈町の銘木より引用

その風景からカメラマンにも人気の桜です。

注意
同じく、私有地ですので中に入ることはできません。また、道沿いから見るときには駐車位置にご注意ください。
合格の木 場所

場所は、国道243号から、ちょっとわかりにくいですが、農道に入って約500mのところにあります。

和琴半島桜並木

和琴半島桜並木

国道243号から屈斜路湖の和琴半島入口信号を入ってすぐ、半島に向かう直線道路にある桜並木。満開の時は非常に見ごたえがあります。

日本で一番遅く咲く桜|チシマザクラ

藻琴山登山道のエゾヤマザクラ/チシマザクラ

道道102号から藻琴峠を越えたところにある「ハイランド小清水725」から始まる登山道を登っていくと山の中腹と山頂付近にエゾヤマザクラとチシマザクラがあります。眼下には屈斜路湖を一望できる人気のハイキングコースです。

ここの桜は標高900m付近の高いところにあるため開花が遅く、6月上旬ごろ花を開きます。藻琴山の山開きは6月の第2日曜。ちょうど山開きの頃登るといい感じです。

和琴キャンプ場

近くにはキャンプ場もあります。キャンプしながら散歩がてらみに行くのもいいですね。

西別岳登山道のチシマザクラ

摩周第一展望台から湖の向こう側に見える摩周岳のさらに奥の右手に見える山が西別岳です。摩周湖からも歩けますが、反対側の養老牛温泉から林道を抜けて行くと、登山道入り口があります。ここから登ると比較的簡単に登れますよ。

西別岳の山開きは、例年5月の最終日曜日。今年は雪が少ないので予定通りかな。がまん坂と呼ばれるきつい坂を登りきると山の中腹にチシマザクラがあります。こちらも見ごろは6月上旬です。

どちらも山に自生するチシマザクラ。6月の桜は日本で最も遅い時期に咲く桜です。

弟子屈市街地付近の桜

これら以外にも、弟子屈町市街地の弟子屈神社や桜ケ丘オートキャンプ場で桜が見られます。写真が見つからなかったのでそのうち更新します。

おまけ|桜が終わった後に咲くエゾノコリンゴ

エゾノコリンゴ

桜の時期は短く、開花から1週間ほどであっという間に葉桜になってしまいます。そんなはかない桜ですが、桜が終わってからは同じバラ科のエゾノコリンゴが新緑とともに見られますよ。少し白っぽい桜によく似た花なので勘違いしてしまいそうですが、これはリンゴの木なんです。

最後に

記事中にも書きましたが、桜を見るときはマナーを守って見ましょう。路上駐車や私有地の立ち入りには注意しつつ、美しい桜と風景を楽しむのがいいですね。天気が良ければピクニック気分でいけるところも多いです。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク
合格の木(カルビーの木)