2018/11/4 てしかがじかんリニューアルしました!

藻琴山でスノーシューでみたダイヤモンドダストが最高すぎる

スポンサードリンク

こんにちわ!やまちゃんです。
今日から第2冬休み(ただの3連休)。正月ボケで仕事始めだったのでリセットするにはちょうどいい休みです。

なまった体を動かしたくて、屈斜路湖を一望できる藻琴山でスノーシュー登山してきました!

冬の藻琴山はスノーシューが最高!屈斜路湖から知床の流氷まで一望できる

藻琴山は弟子屈町で最も高い標高1000mの山。夏は1時間30分くらいで登れる気軽なハイキングコースがある山です。

冬は、吹雪になると夏の登山道の周りを覆っていたハイマツが埋まってしまうほど猛烈な風が吹いて、雪は固く引き締まるので、樹高2mほどのハイマツの上を歩くことができるんです。目線の高さが2mアップします。夏には絶対見れない景色が雪の上にある。

そして、なんといっても樹氷がカッコいい。

藻琴山の樹氷背の高い木も、樹高の低いハイマツもご覧の通り真っ白な樹氷に!その後ろには屈斜路湖・硫黄山・摩周岳も。

今日は特に風が全くなく気温-5℃とコンディションは最高でした。気温だけ見ると寒く感じる方もいると思いますが、スノーシューで登ると汗ばむくらいの陽気なんです。

藻琴山スノーシューに行くには?

藻琴山は車でしか行くことができません。もともと網走ー川湯温泉間をつなぐルートで地元の人が利用する峠なので、交通量はそれほど多くないんです。そのため、冬は弟子屈町や周辺地域の人たちが遊びに来る雪遊びの聖地となっています。

観光で行きたい!という方はガイドツアーに参加することをオススメします。ちゃんとした装備(スノーシューは必須!)と雪山の基礎知識がないと雪に埋もれて登れないです。ご注意ください!

雪山登山です。安全に楽しむが鉄則!装備や知識がない場合はきちんとガイドをお願いしましょう。それが叶わない場合はあきらめましょう。安全第一です!

藻琴山駐車場車で行く場合も、ここは駐車場がないんですね。なので除雪で少しだけ空いているこちらのスペースに止めるわけですが、3台分しかないので週末はいつも満車です。止められない場合は近くにキャンプ場があるのでそちらに止めて歩いていきましょう。下手に路上駐車するのは危険ですし、路肩に溝があるので落ちちゃいますからね。絶対にやめましょう。

藻琴山スノーシュー開始!

さて、準備ができたら早速登ります。

樹氷を抜けてこんな感じで樹氷の間をすり抜けるように直登します。

ハイランド小清水少しのぼると夏の駐車場がある「ハイランド小清水725」へたどり着きます。冬は閉鎖中。

登山道入り口登山道の入り口はこんな感じ。これから雪が多くなると埋まってしまうことも。

知床連山とオホーツク海この辺りまで来たら後ろを振り返ります。遠くに見える雪山が知床連山。その左側の水平線あたりがオホーツク海です。ちょっと雲がかかってて分かりにくいので、以前撮った写真で見ると、

藻琴山スノーシューで見える流氷こんな感じに見えます。オホーツク海が真っ白ですね。実はこれ知床に接岸した流氷。見えちゃうんですよ~!

藻琴山の樹氷こちらが樹氷。年によって出来方がマチマチですが、今年はかなり立派なやつが出来てます。

樹氷と風樹氷をよく見ると、風が吹き付けた方向に固まっているのがわかります。すべて風の形に樹氷が出来てるんです。

屈斜路湖の眺めある程度のぼると屈斜路湖が見えてきます。今日は風がないので鏡です!この雪の面にボコボコしてるのがハイマツ。まだ雪が少なくて柔らかいところが多いです。

うっかり新雪の上に出ようとすると踏み抜いて落ちます!しっかりと踏み固められた轍の上を歩かないと非常に危険です!!ハイマツは複雑に枝が出てるので、落ちるとスノーシューが引っかかって脱出不可能になることもあります。専門ガイドや経験のある人と一緒に行くことをオススメします。

ダイヤモンドダストが降り注ぐ

ハイマツ帯を抜けるとハイマツゾーンを抜けると屈斜路湖の全景が!!カッコいいですね。写真では分かりにくいのですが、中腹辺りから信じられないくらいの量のダイヤモンドダストが舞っていました。動画を撮ったのでご覧ください。

どうですか!これ、雪じゃないんですよ。すべてダイヤモンドダストです。ここまで見えるのはなかなかないですよ。気がついたら、髪の毛にダイヤモンドダストが降り積もってました。

ちょうどこの辺りで、小学生くらいのお子さんを連れた家族とすれ違いました。そのお子さんが言った言葉にちょっと感動したのでご紹介します。

「湖の形が北海道に見える~!」

純粋な子どもの言葉にはかないませんね~。

さぁ、ここから山頂へ?

山頂まで行くつもりでしたが、画像からもわかる通りだんだん雪雲が接近しています。このままでは降りるころには雪になりそうなので今日は残念ながら引き返しました。

参考までに以前登った時の写真で続きを。

山頂への道山頂に向かって登っていきます。この辺りは歩きやすい場所ですね。(あれ、この画像帰りかな。)ただ、山頂まで行く方は注意が必要です。結構断崖絶壁な場所が多くなるので、高いところ苦手な方や地震がない場合は引き返すことをオススメします。

稜線あるきこんな感じの稜線を歩きます。カッコいいでしょ!(これも帰りですね)

藻琴山山頂_冬そして山頂へ。標高1000m。屈斜路湖の全景を堪しながらブレイク。穏やかだな日だとずっと眺めていたくなる。

あとはゆっくり下るだけ。登りがきつかった分下りは楽ですね。

最後に

藻琴山はすごくいい場所なんです。オススメの時期は2月。雪が増えて完全に引き締まる頃ですね。雪が固くなれば、ハイマツを踏み抜くことも少なくなるので、移動範囲がずっと広くなります。雪の上は、スノーシューを履けばだいたいどこでも縦横無尽に歩けます。

ただ、充分な装備がない時は自力で行けると過信しないこと。雪山は安全に楽しむのが鉄則です。だから、心配がある時は躊躇せずガイドを頼みましょう。

やまちゃんはもう少し雪が増えた頃に山頂リベンジに行ってみようと思います。

それではまた!

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク
藻琴山の樹氷

てしかがじかんデザイン部

自ら情報発信できるスキルを身につけて、自分の力で効果的に発信しよう!
という願いを込めて、初心者にもわかりやすく解説します。

ABOUTこの記事をかいた人

てしかがじかん編集長のやまちゃんです。 メディア運営をメインに、摩周湖・屈斜路湖周辺でネイチャーガイドをしています。