お宿欣㐂湯温泉リニューアル

お客様の要望にこたえてつくられた露天風呂

ゴールデンウィーク目前の明日、2019年4月25日(木)に川湯温泉の老舗旅館「お宿 欣㐂湯」さんが温泉を大改装してリニューアルオープンです!

たぶん、てしかがじかんがメディア発掲載です!

川湯温泉のホテルや旅館の中でも人気の高い「お宿 欣㐂湯」さん。特に温泉は2階建てのような立体的な構造になっていて、浴槽が5つにわかれるステキな温泉施設です。

これまではすりガラスで外が見えなかったのですが、お客様からのご要望もあって、ついに半露天風呂になりました!ありがとうございます!楽しみにしていましたよ~。

早速、中を見せてもらいましたのでご覧ください!

下の階にあった3浴槽が半露天風呂化

お宿欣㐂湯温泉リニューアル全面すりガラスの窓だった部分が取り払われて、オープンスカイになってます。いいですね~。明るい。欣㐂湯さんに入ったことがある方は気がついたかもしれませんが、浴槽はそのまま利用されて、窓・壁・天井をフルリフォームした感じになっています。

壁も木をあしらって作られています。雰囲気良くなってますね。

今回コンセプトとして徹底的に木にはこだわったそうです。川湯温泉の強酸性という性質により設備が傷みやすいという問題に対応した木材を使用。時間がたつと次第に黒っぽい風合が出るようになるそうです。それも見て見たい。

欣喜湯温泉リニューアル浴槽拡大浴槽は温度別に3つに分かれていて、改装前と同じく手前から中温(40℃)高温(42℃)低温(39℃)と温度差を楽しむことができます。滑りやすかった床にも壁と同じ木材で足場がつくられてます。

撮影し忘れましたが、下に降りる階段もしっかり滑りにくい仕様に変わってます。以前は滑らないようにスローモーションで下の階に下りていたので安心です。

ちなみにこちらは女湯です。男湯は左右対称。

星の見える露天風呂

夜の撮影はまだ出来なかったので写真はないのですが、欣喜湯さんの温泉の外側は川が流れており開けたスペースになっています。そこから星が見えるそう。オープンしてしまうと撮影が難しくなるのですが、今度外側からでも撮影してみたいと思います。

適当に合成してみました。無理がありますね。はい。出直してきます。夜に行って見てきます。

星を見るために全体の照明を暗めに設定したそうなので、夜は雰囲気よさげです。

内湯は中温(40℃)の湯と真湯(まゆ)

お宿欣㐂湯リニューアル内湯内湯はこんな感じ。浴槽は以前と同じですね。変わったのは壁。以前は下の3浴槽を見下ろすことができたのですが、そこをふさいで内湯と露天風呂をしっかり分けた感じです。広い空間は露天風呂にゆずって内湯は内湯らしくなりました。

手前が中温(40℃)の温泉で、奥側が真湯(まゆ)です。真湯については欣喜湯さんのサイトに詳しい解説が書いてあります。

真湯(まゆ)って何?
普通、お風呂から出る時は皮膚面についている温泉成分を「あがり湯」として真湯などで洗い流さないようにしますが、硫黄泉、酸性泉、硫化水素泉などでは人によって「湯ただれ」を起こすこともあるので、真湯で洗い流します。当館のように温泉と真湯が一緒についているのは、ごくまれで、それだけ川湯の温泉力はすごいのです。

あがり湯をするのが強酸性の川湯温泉のポイントです。流しても身体に沁みこんでるので効果はなくなりません。湯上りずっとあったかい。川湯温泉は泉質としては最高ですね。ただし、強すぎると感じる人もいる温泉なので他とは違った入り方で楽しむのがポイント。肌が気になる方は温泉と真湯を交互に入るといいですよ。

お宿欣㐂湯かけ湯かけ湯には大きな甕。高さもあって使いやすくなりましたね。

欣喜湯洗い場洗い場は壁で仕切られて隣を気にせず利用できます。カランも新しい。強力な酸性の川湯温泉は金属がさびてしまうので、蛇口がキレイなのは嬉しいです。

欣喜湯内湯反対側から見た内湯。

あれっ?そういえば露天にも内湯にも飲泉がない。と社長に尋ねると飲泉はリニューアル時点では設置されていないが後日設置予定とのこと。あの酸っぱいような独特の味わいの飲泉は、川湯温泉では欣喜湯さんだけなので早く復活して欲しいですね。

脱衣所

欣喜湯お風呂入り口キレイになった入り口を抜けると脱衣所です。

欣喜湯脱衣所以前のようなカゴではなく箱型のロッカーになっています。あの難読地名の入ったカゴ結構好きだったんですが、こちらの方が清潔感がありますね。

欣喜湯鏡台鏡台は3つに分けられています。前にあった1枚鏡は内湯の入り口に使われていますが、このスペースはいいですね。

欣喜湯脱衣所トイレトイレも新しくなりました。

日帰り入浴情報

日帰り入浴情報
入浴時間:13:00〜21:00
料金:大人700円、小学生500円、幼児300円
レンタルタオル(バス・フェイス)各100円
備品:シャンプー・リンス・ボディーソープ・ドライヤー・綿棒
(男性のみ)ヘアリキッド
(女性のみ)乳液・化粧水泉質: 酸性・含硫黄・鉄(Ⅱ)-ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉(旧 酸性明ばん緑ばん泉)
pH値: 1.73(強酸性)
形態:源泉かけ流し
効能:痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、きりきず、慢性皮膚病、慢性婦人病、月経障害、糖尿病、運動麻痺など
禁忌症:悪性腫瘍、重い心臓病、妊娠中(特に初期と末期)、皮膚・粘膜の過敏な人特に光線過敏症の人、高齢者の皮膚乾燥症など住所:北海道川上郡弟子屈町川湯温泉1-5-10
お問合せ:015-483-2211
ホームページ:https://www.kinkiyu.com/

最後に

川湯温泉は老舗の旅館・ホテルが多く、温泉施設が大幅にリニューアルされたことは大変うれしい話です。川湯温泉は圧倒的に温泉が素晴らしく、地元や近郊からしょっちゅう入りに来るファンが多い人気の温泉。

泉質を言葉にしてもなかなか伝わらないのですが、やまちゃんとしては他の温泉が物足りなく感じることがよくあります。北海道でもトップレベルの温泉だと自負してます。是非一回は入って欲しいですね。

さぁ、大型連休にまもなく突入。新しくなった温泉に立寄ってみてくださいね!

それではまた!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事