えこパス2019夏チラシ

【2019/4/21追記】2019年はひとまずこちらをご覧ください。摩周湖行きのバスが通年運行になりました!

てしかがえこパスポートは2日券からの販売となります。1日で摩周湖をまわりたい場合は、上記をご覧ください。

【2019/10/18追記】2020年冬のえこパスポートはこちらをご覧ください。新しい情報が入り次第随時更新します。

バスで摩周湖・硫黄山・川湯温泉・砂湯・美幌峠へ

夏本番の弟子屈町では、摩周湖や屈斜路湖、美幌峠などの主要観光地を巡るバス「弟子屈えこパスポート」。

2019年は7月27日から9月1日まで。 これまでは10月上旬まででしたが、期間が短くなっています。

弟子屈えこパスポート

摩周湖

摩周湖

摩周第1展望台より。晴れた日には摩周ブルー。霧の摩周湖画像は割愛します。

摩周湖行きのバスが通年定期路線バスへ|えこパスとの連動と注意点

弟子屈えこパスポートは2日券からの販売で、大人1,500円です。一方摩周湖行きのバスは片道560円570円(2019年10月1日、増税に伴い10円値上げになっています)。日帰りで摩周湖に行くだけなら路線バスの方がお得です。

注意点は、JR摩周駅10:30発と13:15発の摩周湖行きの路線バスとえこパスポートのバスは同じバス。屈斜路湖方面へ行く場合はえこパスポートを利用するしかないので、初めから2日券を購入しておかないと二重に料金がかかってしまいます。乗車の際は、バスの運転手や近くにいるスタッフに確認したほうが良いです。

屈斜路湖・砂湯

砂湯

砂湯キャンプ場の様子。夏休み中はキャンプと水遊びの子どもたちが多いです。

道の駅ぐるっとパノラマ美幌峠

美幌峠

美幌峠展望台よりの眺め。屈斜路湖が一望できます。見る場所によって変化する屈斜路湖。美幌峠は特に視界が広く、まさに北海道スケールが感じられます。

阿寒摩周号・女満別美幌号に接続

JR摩周駅では阿寒湖を結ぶ「阿寒摩周号」、美幌峠と女満別空港を結ぶ「女満別美幌号」。えこパスポートと接続しています。接続ダイヤと利用についてはいくつか注意点があるので、以下の通りまとめました。

阿寒摩周号との接続

阿寒摩周号は、阿寒湖温泉とJR摩周駅を結ぶ期間限定路線(別料金)。うまく利用できれば非常に有効な交通手段です。

2019年はえこパス期間中が2便に増便されています。昨年までとは時間が違うのでご注意を。

①7/137/269/210/14(えこパス期間外)

阿寒湖温泉発 9:05 ― JR摩周駅 10:10着

JR摩周駅発 12:00 ― 阿寒湖温泉着 13:30

7/279/1(えこパス期間内)

1)阿寒湖温泉発 7:25 ― JR摩周駅 8:30着
JR摩周駅発 10:30 ― 阿寒湖温泉着 11:35
2) 阿寒湖温泉発 12:00 ― JR摩周駅 13:00着
JR摩周駅発 14:45 ― 阿寒湖温泉着 15:45

えこパス期間内の7:25の便で阿寒湖から摩周駅に来ると、摩周湖行きのバス8:50発に接続しています。

詳しくは阿寒摩周号時刻表(PDF)えこパスポート時刻表(PDF)をごらんください。

女満別美幌号(女満別空港方面)との接続

女満別美幌号は、道の駅ぐるっとパノラマ美幌峠で女満別空港方面と接続できます(別料金)。女満別空港から川湯温泉方面へ接続する場合、以下の点で注意が必要です。

9:30女満別空港発 ― 10:35道の駅ぐるっとパノラマ美幌峠着 ― えこパスポート乗換 12:25

接続してはいるけど、2時間の空き時間が出来てしまいます。ご注意ください!

空港行きの逆ルートは、問題なく接続できます。

道の駅ぐるっとパノラマ美幌峠着  11:35 ― 乗換 美幌峠発11:55 ― 女満別空港着12:55

※詳細については女満別美幌号(PDF)をごらんください。

4days/7daysフリーパスポート

こちらはえこパスポートとは別のチケットです。阿寒バス(0154-37-2221) へお問い合わせください。

時刻表(チラシ版)

えこパス2019夏時刻表
チラシ・時刻表はこちらからダウンロード出来ます。

弟子屈えこパスポート

チケット販売|オンライン予約

現地販売所

チケット販売は、JR川湯温泉駅と摩周駅に設置されている「えこパスステーション」で購入できます。

・JR摩周駅観光案内所(Tel:015-482-2642)
営業時間…AM8:30~PM17:30
・JR川湯温泉駅(お問合せ:ツーリズムてしかが
営業時間…AM8:00~PM17:00

オンライン予約

2019年からオンラインでも購入可能になりました。

ひがし北海道トラベルラボで事前予約できます。

予約引き換えは、お名前と予約完了案内メール画面(スマホ表示もしくはプリントアウトしたもの)が必要です。予約は事前決済出来ます。

レンタサイクル

えこパスステーション(JR摩周駅または川湯温泉駅)でレンタサイクルを借りることができます。

時間は9:00~16:00の間(貸出は15:00で終了)1回のご利用時間は2時間まで。乗り捨て不可なので借りた場所に返すそうです。

摩周第3展望台バス停

摩周第1展望台から出ていた摩周第3展望台行きのジャンボタクシーは2017年に廃止になっています。川湯温泉駅から摩周湖へいく便も停車しません。摩周第3展望台のバス停そのものがなくなっていますので、えこパスポートで行くことができなくなっています。

手荷物預かりサービス

こちらは継続になっています。
えこパスステーションの営業時間内に限り、手荷物預かりサービス(貴重品は不可)。日をまたぐことはできません。
営業時間は、JR摩周駅8:30~17:30、川湯温泉駅8:00~17:00。

割引特典

こちらも継続になっています。
えこパスポートを提示すると弟子屈町内で日帰り入浴や飲食店などでサービスが受けられる「てしかがえこリストバンド」と同じサービスが受けられます。

最後に

2019年の大きな変更は、摩周湖行きの定期路線バスが通年運行となったこと。これは長年言われ続けてきたことなので、非常にありがたいことです。

てしかがえこパスポートは事業ベースで10年が経過し、2019年より弟子屈町役場観光商工課に担当課が移動になっております。昨年までは地域交通として運営されてきましたが、今年から観光へと目的が変更になりました。

夏の期間は短くなってしまいましたが、冬期の運行(1月下旬から3月上旬)も計画されているようなので、決まり次第お知らせいたします。

それではまた!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事