冬の弟子屈観光の交通手段|『弟子屈えこパスポート』2019冬

スポンサードリンク

この記事は、2017年12月30日の記事を2019年版にリライトしています。

こんにちは!やまちゃんです。

摩周湖と屈斜路湖へ行くことができる貴重な交通手段『てしかがえこパスポート』の冬のお知らせとその他の交通手段をまとめましたよ!

公共交通機関を使って冬の道東をまわるには

北海道の冬の観光のメインは何と言っても2月。弟子屈エリアを中心として考えた時に同じです。札幌雪まつりをはじめとした各地のイベントが、最も寒いこの時期に開催されるからですね。

道東エリアでは例年1月下旬に流氷初日を迎えます。接岸している流氷を見るには2月が最適なわけです。

とはいえ、いざ行くとなったら冬道を運転したことがない人にとってはレンタカーは選択肢から除外ですね。となると、JRとバスを乗りついで移動することになるんですが、これがまた時刻表と料金表の難解なパズルになってしまう。悩ましいところです。

すべての交通を網羅したものを作るのはかなりハードなんで(北海道が広すぎるので)”弟子屈町内の観光地へのアクセス”と”弟子屈町から各観光地へのアクセス”の2つに分けてまとめます。

弟子屈町内の観光地へのアクセス

弟子屈えこパスポート|2019年2月1日~3月20日(予約不要/当日券のみ)

弟子屈町内の主要観光地「摩周湖・屈斜路湖・硫黄山・川湯温泉」へ行くならこちらが便利。詳細は以下の通りです。

2019年の冬は以下の通りです。※2019年11月28日現在 但し、運行本数については公式サイトに記載なし。

名称:弟子屈えこパスポート(摩周・屈斜路周遊バスきっぷ)
利用期間:2019年2月1日(金)~2019年3月20日(水)
利用料金:2日券 大人1,500円 小人500円、3日券 大人2,000円、小人700円
路線:①摩周湖バス(JR摩周駅~摩周第1展望台)1日4便
②屈斜路バス(JR川湯温泉駅~硫黄山~川湯温泉~砂湯~コタン~JR摩周駅)1日2便
③路線バス 川湯線(川湯温泉駅⇔川湯温泉街(大鵬記念館前))
屈斜路線(阿寒バス摩周営業所⇔和琴半島)

詳細は弟子屈えこパスポート公式サイトをご覧ください。

チケット購入場所について
チケットの購入方法は4パターンあります。(※事前予約は出来ません)
・ 摩周駅で購入(観光案内所またはバス同乗スタッフに声をかけて下さい)
・ バスに同乗するスタッフから購入(川湯温泉駅から乗車される場合はスタッフに声をかけて下さい)
・ ホテルフロントで購入(ホテルへお問合せください)
・ 事務局窓口「ツーリズムてしかが」で購入
えこパスポート期間外の観光は基本的にタクシーまたはツアーへの参加となります。

タクシー|摩周ハイヤー

タクシーは摩周駅前の摩周ハイヤーさん。弟子屈町内はいわゆる”流し”のタクシーはありませんので、基本迎車となります。観光地や空港など主要なルートには料金の目安があります。コチラ(ページの下の方に書いてあります)。

会社名:有限会社摩周ハイヤー
所在地:北海道川上郡弟子屈町朝日1丁目5-33
問合せ:015-482-3939
URL:masyuhire.teshikaga.asia/index.html

体験アクティビティ|ツーリズムてしかが

弟子屈町は小さい町ながら2件の旅行会社があります。
ツーリズムてしかがさんは、年間数千人が参加する「摩周湖星紀行」を始め、「摩周湖霧氷ツアー」などの人気ツアーを主催しています。また、町内の体験事業者の体験ツアーの受付窓口や『てしかがえこパスポート』の事務局などをやっている旅行会社です。

冬の体験ものメインの『スノーシューツアー』や『冬のカヌー』『乗馬』『馬そり』ほかたくさんのアクティビティを取り揃えています。体験ツアーの送迎を上手に活用するのも交通手段の一つと言えますが、あくまで無料送迎の範囲なのでどこまでやってくれるかは要相談ですね。

会社名:株式会社ツーリズムてしかが
所在地:北海道川上郡弟子屈町川湯温泉2丁目3-16
問合せ:015-483-2101
URL:tourism-teshikaga.co.jp/ 

ツアーの参加|おと旅♪

もうひとつがおと旅♪さん。2015年に新設された旅行会社で、摩周湖・屈斜路湖巡回ツアーやプライベートツアーの手配をしている会社です。

会社名:夢F.C.株式会社 (おと旅♪)
所在地:北海道川上郡弟子屈町字屈斜路181番地1
問合せ:015-486-7755
URL:oto-tabi.jp/ 

弟子屈町を中心とした各地へのアクセス|弟子屈町までのアクセス

ひがし北海道エクスプレスバス(要予約)

道東広域のバスルートを網羅した「ひがし北海道エクスプレスバス」。非常に広範囲なので、その中で弟子屈町を通るルートをピックアップします。予約・お問合せは以下からご確認ください。

2019年から運営元が法人化し「一般社団法人 ひがし北海道自然美への道DMO」に代わりました。ひがし北海道トラベルラボというサイトになっています。

期間:2019/1/26(土)~2019/3/10(日)※一部除く
料金:ルート別料金体系
オンライン予約:24時間対応 乗車2日前の15:00まで オンライン決済可
予約/問合せ:エクスプレスバス個人予約センター|WBFオンライン(株)札幌営業所 011-806-0212
営業日:月~土曜(日曜・祝は休み)10:00~17:00
利用条件として、バスルート上の指定ホテルに宿泊が必要です。
弟子屈町の場合は、川湯観光ホテル・温泉浪漫の宿池田屋・川湯温泉第一ホテル忍冬・お宿欣喜湯・名湯の森ホテルきたふくろう・ホテル摩周となっています。その他は公式サイトをご覧ください。下の方に書いてあります。

網走/阿寒号

流氷観光砕氷船おーろらが出ている「道の駅流氷街道網走」から川湯温泉・摩周湖を経由して阿寒湖に向かうルートです。逆ルートもあります。

標茶/ウトロ号

この区間は、SL冬の湿原号(PDF)に接続して川湯温泉と知床に向かうルートです。逆ルートもあります。

ルート:JR標茶駅~摩周駅~硫黄山~川湯温泉街~知床ウトロ
期間:SL湿原号 運行日のみ運行 (予定) 2019/1/26~27、2/1~12、2/15~17、2/21~24
料金:(標茶~川湯摩周まで)2,000円
時間:標茶駅13:45発ー摩周駅14:10-硫黄山14:35-川湯温泉15:00ー知床ウトロ17:00

川湯/野付号 → 阿寒/野付号

2018/11/06追記 2019年は区間が延長になり、阿寒湖からJR摩周駅を経由して野付半島までとなっています。川湯温泉へは帰りに立寄るコースになっています。阿寒/野付号の運行ルートをご確認ください。

これ出来たの知らなかったのですが、川湯温泉から阿寒湖から”最果ての氷平線”野付半島まで行く便です。野付半島は本当に最果て。日本最大の砂嘴で湾内の海が結氷する場所です。冬期はオオワシやオジロワシがたくさん飛来し、半島のいたるところに鹿が見られます。特に立派な角を持つ牡鹿が多いのでカメラマンにも人気ですね。

冬期は交通手段がほとんどないのでこれを利用できるのは大きいですね。ただ、1日がかりになるので時間に余裕が必要かな。

ホワイトピリカ号|阿寒バス(要予約)

阿寒バスが運行するホワイトピリカ号。「JR釧路駅」からタンチョウのいる「鶴見台」を通って、砂湯ー硫黄山ー道の駅摩周温泉ー摩周第1展望台へ。その後阿寒湖温泉経由で釧路駅へ戻る人気ルートです。

予約状況はこちらからご確認ください。(PDFで随時更新しているようなので阿寒バスTOPからリンクしたほうがいいかもしれません)

期間:2019年1月10日(木)~3月24日(日)
料金:大人 5,600円、小人 3,300円
詳細は阿寒バスさんをご確認ください

こちらは予約制となっています。

阿寒/摩周号(予約不要)

弟子屈えこパスポート期間中に、JR摩周駅と阿寒湖温泉をつなぐ期間限定路線です。こちらは予約不要で利用可能。

期間:2019年1月22日(火)~3月20日(水) ※2019年11月28日現在
料金:【片道】大人 1,500円、小人 750円 【往復】大人2,100円、小人1,050円
阿寒湖温泉AM9:00~9:15発ーJR摩周駅10:20着、摩周駅15:10発ー阿寒湖温泉16:20~30着

詳細は阿寒バス公式サイト(PDF)をご覧ください。

ひがし北海道広域パス

ひがし北海道ネイチャーパス

JR釧網線とバスと体験がセットに|ひがし北海道ネイチャーパス

2018.12.04

ひがし北海道フリーパス

Peachやバニラエアを利用すると購入できる道東JRフリーパス。2018年11月から2019年3月末までは、AIRDOの北海道到着便(函館空港除く)でも利用できます。

https://www.jrhokkaido.co.jp/travel/freepass/

https://www.jrhokkaido.co.jp/travel/freepass_airdo/

記事作成中につきしばらくお待ちください。

最後に

冬の交通は期間限定なものが多くて調べるのが大変なんですよね。調べるにはそれなりの時間が必要になります。徹底的に調べてくる方もノープランで1人旅な方も上手に利用してもらえるとありがたいです。

そして、弟子屈えこパスポートは事業年度としては最後の年になります。来年度どんな形でやるのかまだわからないですが、なくなることは絶対にないようにして欲しいですね。

それではまた!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
弟子屈えこパスポート2018冬

スノーシュー予約受付中!

てしかがじかんでは、冬の体験人気No.1のスノーシューの予約を受け付けています!!
弟子屈町内のネイチャーガイドさんたちの情報をお届けします。